不妊に対するビタミンDや年齢の相関関係について知りたいなら

SITEMAP

Pregnancy activities

不妊確率に関わるビタミンD

赤ちゃんの手

不妊は一人で悩まず大阪で相談することが大切です。不妊に関して確かな知識を有する専門医が的確なアドバイスとメンタルケアでサポートしてくれます。大阪でなら安全に不妊治療を行っていくことができるので、もし現在お悩みなのでしたら相談にいきましょう。

不妊の問題点は、しばしば栄養補給によって解決されます。特定の成分などは、妊娠確率をアップしてくる傾向があるのです。具体的には、ビタミンDなどは一定の効果が見込めます。そのビタミン類は、主に細胞の増加に大きく関わっているのです。それが多く作られると、体の中にて細胞も増えてくれる傾向があります。そしてそれは妊娠の確率にも、大きく関わってくる訳です。多くの細胞が作られれば、それだけ妊娠しやすくなるからです。
ちなみにDというビタミンは、原則として太陽の光を浴びることで、体内にて自然に作られます。皮膚の表面にあるコレステロールが色々と形を変えていき、最終的にはそのビタミンになる訳です。このため妊娠確率をアップさせる為には、太陽の光に当たっておくと良い訳ですが、女性の方々としてはシミの問題などがあるでしょう。あまり太陽の光が当たりすぎて、肌にシミが生じてしまうのも困りますね。
ちなみに上記のビタミン類は、キノコや魚などに多く含まれてはいます。それらの食材を意識するよう心がけつつ、サプリメントなどを検討すると良いでしょう。その錠剤の中には、比較的多くのビタミンDが含まれるからです。サプリを用いるタイミングとしては、朝食や昼食後というより、夕食後などがベストですね。

不妊治療と年齢の相関関係

不妊治療の為には、体外受精が行われる事があります。多くの医療機関が採用する治療方法の1つですが、実はそれは年齢との相関関係は、間違いなくあります。結論から申し上げれば、不妊治療を受けるのは早い方が良いです。というのも年齢が高めになってくると、成功率が低くなるともデータが存在するからです。というのもある時に、体外受精に関するデータが採取された事があります。医療データの統計が取られた訳ですが、次のような数字の状況だったのです。
まず体外受精による治療を受けた方々の中には、34歳以下の方々が多数見られました。その年代層では、妊娠になる確率が70%近い状況だったのです。ところが30代後半となると、その確率がかなり下がります。実に40%台だったからです。更に40代以上となると、その確率は大きく下がり、実に10%近くだったのです。
また体外受精だけでなく、顕微授精という方法でも、同じ数字データが見られます。30代までなら35%前後の成功確率でしたが、40代以上では10%未満になっているのです。つまり年齢が高くなると、それだけ不妊治療の成功率が低くなる事だけは、間違いありません。ですので不妊治療は、できるだけ年齢が若い内に受けておくのが望ましい訳です。

不妊カウンセリングを賢く利用しよう!

不妊治療を受けていると、ステップアップのタイミングや治療内容について分からない事が沢山出てきます。特に中々妊娠に至らない場合は、このまま今の治療を進めるべきなのか、それとも違う治療を始めるべきなのか、また費用はどうなるのか等中々人に相談出来なことが沢山あります。
そんな時には不妊カウンセリングを利用する事をお勧めします。病院によっては不妊治療を受けている人なら無料で利用できる場合もあります。カウンセリングでこれまでに受けた検査から、分かっている自分の不妊原因から現在の治療のままでいいのか、もしくはステップアップするならどんな治療を選ぶ事が出来るのかを分かりやすく的確に相談する事が出来ます。また検査を受けていない人なら、まずどんな検査があり何を受けるべきかなども的確に教えて貰えるので時間も費用も節約する事が出来ます。不妊治療はその夫婦ごとに原因も状況も違います。だからこそ正しい自分の状況を把握して治療の指針を立てる事がとても大切になります。
また不妊治療は身体的にも精神的にも、治療内容によっては経済的にも負担が大きくストレスがどうしても溜まってしまいます。そんな時にもカウンセリングで心の中に溜まっている不安や苛立ち、モヤモヤを相談するだけでもかなり気持ちは楽になります。

新着情報

おすすめの情報

2016/07/12
ストレスが妊娠確率を下げるを更新しました。
2016/07/12
不妊を引き起こしてしまう様々な原因を更新しました。
2016/07/12
不妊の原因が判明しましたを更新しました。
2016/07/12
不妊治療は夫婦二人三脚を更新しました。
TOP